めんどくさいネイルとは決別!除光液いらずの楽ちん方法3つ伝授♪

ネイルめんどくさい

洋服や髪形のみならず、ネイルのオシャレもはずせません。

でも、除光液で落とすようなネイルやオフに時間がかかるジェルネイルはめんどくさい!!

今回はめんどくさいネイルを楽にするラクちん方法を3つご紹介します。

除光液やジェルネイルのオフはめんどくさい!

ネイルのオフ

そもそも不器用だから塗るのが大変だという人も多いはず。

ネイルは塗るのも面倒だけれど、塗るときは出来上がっていく様子を楽しめるのでまだ我慢できます。

本当に面倒なのは、オフ‼

除光液の場合、ジェルネイルの場合、何が面倒なのか以下にご説明します。

除光液の場合

除光液を使う場合、コットンに除光液を染み込ませネイルの上に置きます。

30秒くらいを目安に置いて、コットンの上から爪を軽く押さえてマニキュアと除光液をなじませてふき取ります。

これをすべての爪で行わなければならないと考えると、面倒です。

また、アセトンが入っている物なら比較的簡単に落とすことができますが、短い期間に何度も使うと爪を痛める原因になるので注意が必要です。

ジェルネイルの場合

ジェルネイルは持ちが良い分、落とすのが大変です。

サロンで落とす場合、平均で2000円~3000円かかります。

自分でやる場合、ネイルの表面を削り、アセトンリムーバーに浸したコットンを爪にのせてアルミホイルで包み放置し、浮いたジェルを削ります。

すべてのジェルネイルが取れるまで、ひとすらコットンを爪にのせるところから繰り返します。

中々骨の折れる作業です。

めんどくさいネイルを楽にするラクちん方法3つ

除光液不要のはがせるネイル「ピールオフネイル」「ピールオフマニキュア」を使う

メリット・デメリット

メリット

一番のメリットはその手軽さです。

不要になった時は、ぺりぺりと簡単に爪からはがすことができます。

派手なネイルを楽しみたいけれど、塗るのもはがすのも時間がかかると思うと中々出がでません。

ピールオフネイルなら、忙しい人でも手軽に楽しめます。

その時だけ楽しめるので、普段選ばない色も気軽に試せます。

また、何といっても除光液を使わなくてもいいので、鼻が敏感な人や薬品アレルギーの人でも安心して使える点も利点の1つです。

それだけでなく、肌が弱い人でも使いやすい点もGood!

はがせるネイルは、たいていが水溶性の塗料でお肌に優しいです。

はがす時にも特別な薬品などを使う必要がなく、水やお湯があれば十分です。

肌が弱い人が気軽に試せる上、挑戦してからやっぱり自分の肌に合わないと感じたら、すぐに外すことができるのも安心です。

デメリット

塗るときに甘皮や肌に塗ってしまうと、そこからはがれやすくなってしまうのが難点です。

また、触ってよれるとトップコートでごまかせないので注意が必要です。

水に濡れると取れやすくなるので、その点も気を付けましょう。

はがす時に爪を痛めてしまう場合があるのも、デメリットの1つです。

ペりぺりと皮をはぐようにはがしていくので、その時に間違って自分の爪を強くひっかいてしまいやすいです。

はがせるネイルは、特別な薬品などを使わなくても爪とピンセットで簡単に落とせるようになっていますが、ときどきうまくはがせず何度もひっかいてしまい爪を痛めてしまうこともあります。

また、ピールオフネイルに限りませんが、はがしたあと爪が乾燥して爪に細かく白い粉が吹いているように見えたり、爪にたての縞模様が目立つことがあります。

ネイルを楽しんだ後に爪が乾燥してしまうのは多少は仕方がないことですが、これも難点の1つです。

いつまでもつ?

丸1日は、十分持ちこたえられそうです。

どんな人にオススメ?

普段忙しいので、あるいはネイルできる環境にないので、週末ネイルを楽しみたいと思っている人にオススメです。

デートやライブ、ハロウィンなどの仮装の日にもピッタリ!

あるいは逆にいつもアートをしていて爪を休ませる時間がほしいけれど、オシャレの手を抜きたくないといった人にも気軽に利用できます。

お子さまのキッズネイルとしても、オススメです。

ネイルチップ(付け爪)

ネイルチップのメリット・デメリット

メリット

チップなので当然いつまでもツヤツヤです。

また、その手軽さもGood!

オンは接着剤(グルー)で貼り付けるだけ!

オフは除光液を染み込ませてチップを取るだけで完了!

両面テープでも接着できるので、爪にも負担をかけず数時間だけ楽しむことも可能です。

種類も豊富で自分の爪のサイズに合わせて調整して接着剤で貼るだけなので、だれでも簡単に楽しめます。

こんなにお手軽なネイルチップなのに、付け心地が「まるで自分の爪のよう」な感覚になれるのは驚きです。

また、成人式や入学式・結婚式・クリスマス・ハロウィンなどのイベントやファッションに合わせてデザインをコーディネートして楽しめる点も魅力です。

用途に合わせて自分の好きなデザインのネイルチップを購入したり、自分で作ってしまえばサロンに行く時間を作らなくても素敵なネイルができます。

雑貨屋・ドラッグストアやネット、100円ショップでも気軽に手に入れることができるのもGood pointです。

デメリット

簡単につけ外しができるというメリットは、裏を返せば取れやすいというデメリットにもなります。

両面テープは爪に負担がかからないのは嬉しいのですが、トイレに行った時や物を拾ったりするくらいの衝撃でもとれてしまう場合もあります。

それならばと外れにくいように接着剤でチップをつけると、オフする時にチップが割れてしまう可能性があります。

取れてもいいから両面テープでくっつけるか、壊れても諦められるチップをグルーでつけるかの二択です。

また、自分の爪にきちんと合わせて貼るのは難しいので、間近でみると少し爪からずれてしまうという難点もあります。

遠目に見るとわかりませんが、横から自分でよく見てみるとずれているのがわかります。

いつまでもつ?

接着剤を使用した場合、つけた当日は全くとれません。

食器洗いをしても、お風呂にはいっても大丈夫です。

つけて3日程度で一番よく使う人差し指のネイルチップが取れる可能性が高いです。

さらに10日程度で別の指(中指など)のネイルチップが取れます。

どんな人にオススメ?

爪が小さい・伸びない・形が悪いなど自爪にコンプレックスを抱えている人にとっては、もってこいのアイテムです。

シールネイル

シールネイルのメリット・デメリット

メリット

シールネイルとはネイルアートを楽しむために、それ専用に作られたシールのことです。

すでにデザインが出来上がっていて、マニキュアを塗ったり、アートをのせたりする必要もデザインを考える必要もありません。

シールネイルは爪に合わせて貼って削るだけなので、5分ほどあればパパっと終わってしまうその手軽さが人気です。

しかも、シールとは思えない自然な仕上がりが好印象。

サロン級の凝ったアートも楽しめるのが人気の秘密です。

デザインも豊富にあるので、TPOに合わせて選ぶ楽しさも♪

また、ワンポイントタイプのネイルシールもあります。

レースや文字、フラワー、ストーンなどデザインは様々です。

ワンポイントタイプは組み合わせて使うこともでき、オリジナルなアートを色々楽しめるのが魅力です。

シンプルな単色ネイルにワンポイント追加するだけで、ぐっとオシャレになります。

デメリット

上手に貼らないと、不自然に見えてしまうことがあります。

どんなに凝ったデザインであっても、シールを貼っている感が出てしまうと魅力も半減してしまいます。

また、少々水に弱いのもデメリットの1つです。

お風呂に入ったくらいでは落ちませんが、水仕事が多い主婦などは早めにとれてしまう可能性もあります。

いつまでもつ?

1週間~10日

どんな人にオススメ?

忙しくて自分で凝ったアートなどはできないけれど、ネイルを楽しみたい人。

ネイルを長持ちさせる秘訣

ネイルオイルを塗る

ネイルオイルは爪のために作られたオイルで、爪に油分を与えてくれます。

乾燥はネイルの大敵!

そこでオイルで保湿するのはかなり効果的です。

すぐにどこかに触ってしまうと油分が移ってしまうので、寝る前やテレビを観ている時など時間に余裕があるときに使うと良いでしょう。

クリームを塗る

クリームにも油分が入っているので、効果が期待できます。

ネイルオイルをわざわざ買わなくても、ボディクリームやハンドクリームで代用するのもGood!

効果は多少劣りますが手持ちのモノで試せるので、やってみる価値ありですよね。

べたつかないタイプのものなら、忙しい人でも使えそうです。

水仕事はゴム手袋をする

家事などで水仕事をするのは避けられません。

だからといってネイルをあきらめてしまうのはもったいない!

水仕事の際は、ゴム手袋などで爪を保護しましょう。

漂白剤やアルコールにも弱いので、爪に触れないような工夫が必要です。

それだけで爪の負担はかなり軽減されるはず!

ゴム手袋が使いづらければ、ビニール袋で代用することもできます。

はじめは面倒ですが、手を綺麗に保つため習慣にしてしまいましょう。

トップコートを塗る

ネイルの最後に忘れずトップコートをぬりましょう。

ツヤがでて、綺麗で清潔感のある爪になるだけでなく、「爪が折れにくくなる」あるいは「ネイルが落ちにくくなる」というメリットがあります。

「マットなタイプ」や「ラメ入り」など種類も豊富です。

ぜひ楽しみながら選んでください。

おわりに

爪がキレイだとテンションがあがります!

でも除光液で落とすようなネイルやオフに時間がかかるジェルネイルはめんどくさくてやる気にならないといった方のために、今回はらくチン方法を3つご紹介しました。

どれも簡単に試せるものばかりですので、ぜひ一度挑戦してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です