「掃除がめんどくさい」その理由と”簡単”に部屋をキレイにできちゃう方法も紹介♪

掃除はとてもめんどうな家事のひとつです。仕事に家事に、ただでさえ忙しいのに掃除までとなると大忙しとなります。

しかし、掃除をしないとゴミやホコリが溜まり環境的によくないありません。部屋をきれいにしたいけど時間がない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は掃除がめんどうな理由から掃除をやるメリット、簡単にできる方法までを記事にしました。

スッーと読める内容になっているのでぜひ読んでください。

掃除がめんどくさい場所トップ5

まずは掃除がめんどくさい場所を理解しそこから原因を追求し、対策へと進んでいきます。
掃除がめんどうな場所は下記の場所です。

  • トイレ
  • お風呂場
  • キッチン周り
  • 窓・ドア
  • 玄関
  • いろんなスキマのホコリ

この場所が掃除がめんどうな場所といわれています。それでは、それぞれの掃除がめんどうな理由を詳しく説明します。

トイレ

毎日使うトイレだからこそ意外と掃除をしないのです。毎回、トイレを利用する度に掃除をしようとトイレに掃除用具を置いとくのですが、なかなか使わないのが現状です。

”次でいいや”の繰り返しになり、だんだんと尿石となって取りにくい汚れになるのです。そうなると、さらに掃除がめんどうになり、あきらめてしまいます。経験がある方も多いのではないでしょうか?

お風呂場

浴槽

お風呂場は最後に入った家族が、掃除をしようと家族内でルールを決めていても、いざ次の日にお風呂に入ろうとしたら、浴槽には水が溜まっている例は多いです。そうなると汚れも落ち難くなります。

また毎日浴槽は掃除はしますが、鏡や洗い場などは毎日はしないので、水垢となり汚れていくのです。

キッチン周り

キッチン

キッチン周りで掃除がめんどうな場所は、コンロ周りと換気扇です。油物を料理する時に、油が飛び散ったり、炒め物を料理する時に、材料がフライパンからこぼれたりなど、料理をする度に汚れます。

換気扇に至っては、見えずらい構造になっているので、たまに見ると油がギットリと付いていて手遅れな状態です。

やはり、こうなると掃除がめんどうになってきて”今度の休みに掃除しよう”と思っていたが結局掃除をしなかったの繰り返しになるのです。

窓・ドア

窓

掃除をしようとなかなか思わないのが窓やドアではないでしょうか。ドアの汚れや窓の汚れは外からの汚れが多く、またすぐ汚れるのなら掃除をしなくてもいいやとなります。

このように毎日拭くのがめんどうだから、休みの日だけ掃除をしようと思っていても、いざ休みとなると色んな予定が重ねり、掃除をしなくなる傾向にあるのです。

玄関

出入口

玄関は毎日の靴の脱ぎ履きをするので、靴についた汚れで玄関が汚れます。掃除として毎日掃くのもめんどうとなるのです。

玄関は、タイル式がよく使われており、タイルのスキマの汚れが目立ちます。その部分を掃除するとなるとめんどうなのです。

いろんなスキマのホコリ

家の全体的になるのですが、特に目より上の高さのスキマや壁とドアの段差などによくホコリが溜まります。目のつく場所であれば、ホコリ取りなどで気になった時に掃除ができますが、目に見えない部分はどうしても掃除を忘れがちです。

たまに気づいても掃除するのに、高さが必要なので、脚立が必要だったり手で届かないスキマだったりすると、掃除用具から揃える必要があるので、めんどうへと繋がっていくのです。

掃除がめんどくさい理由

めんどくさそうにする女性

上記であげた掃除のめんどうな場所でもめんどうな理由は書きましたが、掃除としての全体的にめんどうな部分をピックアップしました。

それはこちらの項目になります。

  • 拭き掃除が大変
  • 時間がかかる
  • やってもやっても汚れる
  • 同じ事の繰り返し
  • ゴミがでる

これらの項目が掃除をめんどうと思わせる理由なのです。それぞれの項目の理由を細かく説明します。

拭き掃除が大変

掃き掃除だけでは、どうしてもきれいにならない部分があります。そうなると拭き掃除が必要になります。しかし拭き掃除となると立ったりしゃがんだりの繰り返しで体の負担ともなり大変です。

最近では、立った状態で拭き掃除が出来る掃除用品もありますが、実際に使って見ると頑固な汚れではどうしても、しゃがんでしっかりと手で拭かないと取れません。

それらの理由もあり拭き掃除はめんどうで大変なのです。

時間がかかる

掃除の全般にいえることとして、時間がかかります。仕事もあり洗濯もある、食事も作らないてはいけないとなると、家事で手を抜く部分としては掃除になります。

時間がかかるので、時間が取れる時にしようと思うのですが、いざ時間が取れても趣味の時間にあてたりします。

やりだすと時間がかかる掃除はどうしてもめんどうなのです。

やってもやっても汚れる

玄関にトイレにお風呂場にと、毎日使用する部分は毎日汚れます。やってもやってもすぐに汚れるとなるとやりたくなくなるのです。

そうなると、毎日から2〜3日に1回になり、週に1回になりと、だんだんと掃除をする回数が減ってきます。そうなると、汚れが溜まっていき、掃除がめんどうになるのです。

同じ事の繰り返し

掃除は毎日の同じ事の繰り返しになります。なぜなら毎日、同じ所が汚れて、同じように掃除をするからです。

例えば、毎日かける掃除機も同じ作業の繰り返しになります。同じ事を繰り返すと刺激がなくなりあきてくるのです。この同じ事の繰り返しも掃除がめんどうになるきっかけになっているのです。

ゴミがでる

掃除をすればゴミが出てきます。ゴミが出るとゴミを捨てなくてはいけません。

また場合によっては、ゴミを分別をしなくてはいけません。このように掃除をすれば、新たな手間が増えるのです。ゴミ問題を考えると掃除が面倒になるのです。

掃除をするメリットはあるのか?

掃除をする女性

掃除はめんどうですが、掃除をするメリットもあります。

以下に掃除をするメリットを書き出します。

  • 部屋がきれいだと集中力がアップ
  • 健康的になる
  • 出費が減る
  • ストレス解消になる

このようにメリットになる部分も掃除ではあるのです。詳しく解説します。

部屋がきれいだと集中力がアップ

部屋がきれいだと集中力がアップするといわれています。これは、やはり勉強や本を読むにしても集中して作業を行いたい時に、物が散らかっていたり、ゴミやホコリが溜まっているとそちらに集中がいき集中力が落ちるのです。

この事でもわかるように、部屋をきれいに整理整頓ができているだけで集中力もアップして作業が捗るのです。

健康的になる

ジャンプする男女

掃除と健康とは関係がなさそうですが、掃除をするとホコリやゴミを片付けることになります。

それにより、気になるハウスダストが防止されます。

現在ではハウスダストによるアレルギーを持っている方が増えています。

アレルギーで困っている方にはぜひとも掃除をし対策として欲しいです。

出費が減る

掃除をすると物の整理整頓がきちんとできます。それにより消耗品の管理ができます。

消耗品や物の整理ができるとムダな買い物がなくなります。

日常品であれがないからと思って買ったが、お家を掃除するとあったなんてなると、ムダな出費になります。

掃除をして整理整頓できていると、このようなムダな出費が減るのです。

ストレス解消になる

笑う男女

掃除はめんどうなイメージや思い込みがあります。しかし、掃除をはじめてみると、お家がきれいになり、それによりストレス発散になるのです。

またちょっとした運動にもなり体を健康に保つためにも掃除は最適なのです。

簡単に掃除をする方法5選

綺麗に整っている部屋

それでは簡単に掃除をする方法を5つ紹介します。

  • グッズを揃える
  • お掃除ロボット
  • スキマ時間を利用
  • ルーティン化
  • 完璧を求めない

それではそれぞれについて詳しく紹介します。この方法を取り入れていくと掃除が楽しくなりますよ。

グッズを揃える

やはり何事でも格好からといいますが、掃除でも一緒です。グッズが揃っていると掃除をする時にもスッと入れます。

おすすめのグッズとしてはこちらです。

メラミンスポンジ・激落ちくん

水なしで汚れが落とせる優れもの♪

排水口トゲトゲスティック

排水口に差し込んで汚れをキャッチします!

ミニほうきとチリトリ

ちょっとしてスキマ時間に使えます

掃除グッズとしては上記アイテムをおすすめですが、自分で楽しみながら揃えるのも、掃除を続けるためのコツでもあります。

掃除ロボット

掃除ロボットを使っている家庭も増えています。

掃除ロボットとは、出かけている間などに、自動で掃除をしてくれるロボットです。

出かけている間に掃除機のかわりをやってくれるので、後はちょっと隅を掃除する程度ですむので、忙しい方にはもってこいの掃除ロボットです。

掃除機の手助けとして利用できるので、掃除も嫌いじゃなくなります。

また、掃除ロボットを動かすために、床に物を置かないようにするので、床も片付けられて、一石二鳥です。

スキマ時間を利用

掃除を簡単にする方法の3つ目はスキマ時間を利用することです。

料理の途中などちょっとしたスキマ時間が発生します。そんな時にちょっとだけ掃除をするのです。

少しの積み重ねが大事なのが掃除です。スキマ時間ができたら〇〇を掃除しようと決めておき、とにかくちょっとした時間を利用してみましょう。

ルーティン化

これは掃除を習慣化することになります。毎日、歯磨きをしたら洗面台をちょっと拭くなどの“〇〇をしたら〇〇の掃除をする“を習慣化するのです。

これが掃除をルーティン化するコツになります。

完璧を求めない

掃除をしていると、ここもきれいにしなきゃ、あそこもきれいにしなきゃと次から次に掃除をする場所が増えて嫌になります。

そこで掃除に対して”完璧を求めない”が、掃除方法のひとつです。

はじめに時間や場所を指定してそこを〇〇分掃除したら今日は終わりと決めておきます。

それで掃除を終わらせるのです。完璧にきれいにするのではなく、時間や場所を決めることで掃除を終わらせるのです。

これを続けていけばきれいなお家を維持できます。

まとめ:掃除は楽しくきれいに!

掃除はめんどうと思えばめんどうですが、ちょっとした工夫で楽しく健康にもつながります。

掃除をしてストレス発散している方も多く、捉え方次第では楽しくできるのです。じっくりとコツコツと掃除をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です