転職したいけど何がしたいか分からない…自分を探す3つのアドバイス

転職に悩んでいる人

あなたは今の仕事に満足していますか?

実は今の仕事に満足している人って日本全体で見るとたった「3割」程度しかおらず、約7割の人は今の仕事に満足していない、と思っているんです。

更に言うと仕事には満足していないけどどうすればいいかわからない、転職したいけど何がしたいかわからない、やりたい事がわからない・・・という人が意外と多いんです。

好きでもない仕事を我慢してこれから一生続けるなんて出来れば避けたいですよね?

それに転職の事を「悩んでいる時点で転職を考えるべき」なんですよね。

今回はそんな「現状の仕事に満足していない」と思っているけど、何がしたいか分からない・・・という方に是非読んでいただきたい3つのアドバイスをお送りしたいと思います!

転職したいのに何がしたいか分からない理由

転職に悩む男性

この会社で一生働くのは嫌だ、出来れば転職したい、と思っていてもなかなか実行にはうつせないものですよね。

実は転職したくても出来ない人には特徴があって

「今の会社に不満がある、けど辞めるほどじゃない」
「不満はないけどチャンスがあれば転職したい」
「出来れば転職したいけど何がしたいか、何をしたらいいかわからない」

など、簡単に言うと「転職したい理由が凄く漠然としている」んです。

何をしていいかわからないというのは、これと言ってやりたい事がないという裏返しでもあるんですね。

不満はあるけど転職したい程じゃないかもしれませんし、じっくり考えれば別に今のままでもいいかな・・・なんて思ったりすることもあるかもしれませんね。

転職したいと思った本当の理由を探る

ノートとペン

ですが・・・一度でも「転職したい」と思ったという事は何かしたら今の仕事に対して不満があるという事。

人間関係、仕事内容、給与関係・・・何かしら思うところがあるから転職したいと思ったハズです。

そういう場合どこかで大きなストレスを感じているはずで、一度でもそういう気持ちになると原因が解決されないとまた同じように悩む事になってしまいます・・・。

転職する為に何がしたいか、を考える前に「転職したいと思った本当の理由」を探してみる事が大事です。

本当の理由がわかれば自分がどういう仕事がしたいのか、仕事に何を求めているのかが明確になってきますので今後自分がどうすればいいのかが自ずと見えてくるようになります。

何がしたいかの正解は?

正直な所、これは非常に難しい問題になります。

「何がしたいか?」という問いに対してですが、実は「答えは見つからない」ものなのです。

そもそも自分のやりたい事を仕事に出来る人というのは本当に一握りです。1万人に1人か、もしくはそれ以上かもしれません。
多くの人がその会社で働いている理由はその仕事が好きだからではありません。

「会社に縁があった」
「ちょっと興味があったから入ってみた」
「自分が出来そうな仕事だから」
「給料がいいから、休みが多いから」

等の理由で仕事をしているのです。

やりたい事をやっているわけではなく「収入を得るため、家族のため」に働いているのが現実です。

また、自分がやりたい事を仕事にしたとしても趣味から仕事というカテゴリになった瞬間から義務や責任が伴うようになりますので嫌になってしまう人が多いものです。

実際に体験しないとわからない

話がそれましたが、自分が出来る仕事は何?自分がしたい仕事は何?と考えても答えが出ないのは「実際に体験しないとわからない」からなんです。

例えば、自分が食べた事のない料理が目の前に置かれているとします。

あなたはその料理を食べた事がないので好きか嫌いかなんてわかりませんよね?

それと同じで仕事もやってみないと好きか嫌いか、自分のしたい仕事かそうじゃないかはわからないものなのです。

何がしたいのかがわからないのは経験が足らないのかもしれません。

世の中には星の数ほどの企業があり、私たちが経験している仕事なんてその中のたった数種類なんです。

こう考えると「何がしたいのかわからない」というのは当たり前で、やりたい事を見つけるには「挑戦してみる事」が大事なんですね。

やりたいことを見つけるには?

ここで1つ質問があります。
「あなたは働きたいですか?」

私の答えはNOです(笑)

正直な所、働かなくても良いのであれば働きたくありません。
毎日家でゴロゴロしていたいです(笑)

でも世の中の大半の人がこう思っていると思います。

じゃあどうして働いているのか?という事になるのですが、一番の理由は「生活の為、生きる為」です。

今の社会はお金がないと何も出来ません。

住む場所も無ければ食べるものもありません。お金があって初めて普通の暮らしをする事が出来ます。

生きる為に仕事をしているといっても過言じゃないんですね。

「遊びたい」
「やりたい事がある」
「欲しいものがある」
「誰かにプレゼントをしたい」
「家が欲しい」
「結婚したい」
「趣味を楽しみたい」
「優雅な生活を送りたい」
「旅行に行きたい」

など、言い出すとキリがありませんが、自分の理想の人生を手に入れる為に働いているんですね。
好きで働いている人なんてなかなかいないです(笑)

そしてほとんどの人はやりたい仕事をしているのではなく、自分が出来る仕事をしているんですね。

自分に出来る事を見つけるのが一番簡単

凄い簡単に言うと「何かを実現する為、働くことで実現するためのお金を得ている」という事なんですね。

もちろん楽しんで仕事するのは大事ですが、それとこれとはまた別ですが。

「やりたい事を見るける」のではなく、「自分に出来る事を見つける」のが一番簡単で早いんです。

ですがこれだと答えになっていませんよね(汗)

なのでこれから転職したいと思っていてやりたい事を見つけるための方法は、まずは興味を持つことが大事です。

そして自分の中で大切だと思う事(休みの日数、給料、仕事内容など)を絞っていきましょう。

そうすれば自分に何が出来て何が出来ないのか、何が大切で何が大切じゃないのかがわかってくると思います。

自分を見つめなおして、自分を探す事が大事なんです。

自分を探す3つのアドバイス

3つの薔薇

自分が本当にしたい仕事を探すためには、まずは自分を探して自分を知ることが大事です!
自分を探すための5つのアドバイスをご紹介します!

1.何が不満なのかを知る

今の会社に勤めていて何かが不満だから転職したいと思ったはずです。

その不満は本人、あなたしかわかりません。

給料に不満がある、昇給が無い、ボーナスが無い

給料

そもそも基本給が安かったり、何年も働いているのに一切昇給がない。またはボーナスがなかったり雀の涙ほどしかない・・・。

なんて事良くある話です。転職したいと思っている人の一番の理由がこの「お金」に不満を持っているという事なんです。

転職先は給料が良い、昇給がある、ボーナスがある会社を選んだ方がいいですね。

休みに不満がある、週休二日欲しい

仕事漬けの男性

人の労働意欲を促進させるためには適度な休憩が必要です。

休みが少ないと働きたくない!もっと自分の時間が欲しい!と思ってしまうのは仕方のない事です。

転職先は休みが多くある会社を選んだ方がいいですね。

労働時間に不満がある

残業が多くて毎日10時間以上働いている人は少なくありません。ノー残業デーなど実施している会社もありますが雀の涙ほど・・・。

出来るだけ定時にあがってプライベートも充実したいですよね。

転職先は定時で帰れる会社を選んだ方がいいですね。

仕事内容に不満がある(汚れたくない、座って仕事したくない)

拒否する女性

今の自分がしている仕事内容が気に入らないという事も良くあります。

飽きてしまった、そもそも好きじゃない、等がありますが人それぞれです。

転職先は心機一転、自分がしたことがない仕事に挑戦するのもいいかもしれませんね。

人間関係に不満がある、面白くない

仲の悪い男女

同僚が嫌な人だったり上司がパワハラをしてきたり、企業に勤めている限りは切っても切れないものです。

ですが人間関係に不満があると毎日ストレスが凄くなり、身体を壊してしまうかもしれません。

出来るだけストレスのかからない職場で働きたいですよね。

転職先は社員の仲が良い会社を選んだ方がいいですね。

社風に不満がある、ついていけない

社風

社長がワンマンであれもダメ、これもダメ、と新しいことに挑戦できない会社や、忘年会や新年会で一発芸をしなければならない会社等、いろいろな社風があります。

自分に合ってない社風だと疲れますしこれもストレスが溜まってしまいますよね。
普通が一番です。

転職先は社風が普通の会社を選んだ方がいいですね。

評価制度に不満がある

評価制度、と言えば聞こえはいいですが、こういった会社って意外な落とし穴があるんですよね。

それは「正当な評価が受けられない事が多々ある」という事です。

手柄を上司に横取りされたり、ゴマすりがうまい同僚が出世したりと、評価方法になにかと問題がある場合が多いんです。

転職先は正当に評価してくれる会社を選ぶか、評価がそこまで重要じゃない会社を選んだ方がいいですね。

このように「今の会社の何が不満なのか」を考えていくと次の会社に「何を求めているのか」がわかるようになります。
今回ご紹介した不満以外にも沢山あると思いますので、まずは何が不満で、どうしたいかを見つめなおしましょう。

2.自分に今ある選択肢から仕事を絞る

仕事と一概に言っても膨大な種類で膨大な量があります。

なので、先ほど項目1でもお伝えした「何が不満で何を求めているか」を洗い出して自分にあった仕事を探しましょう。

例えば
雇用形態 =正社員
給与   =20万円以上、ボーナス年2回
休日   =週休2日、夏季休暇、冬季休暇
勤務地  =家から30分以内
待遇   =社保あり

のように自分の望む形の仕事内容を洗い出します。
次に欲しい条件をつけていきましょう。

  • 手に職がつく仕事がいい
  • 残業が少なくプライベーを優先させたい
  • 同年代の人と仕事がしたい

などのように、自分が何を大切にしているかで基本の条件に望む条件を付けていきます。

そして出来上がった条件を元に仕事を探すと、おのずと「自分の理想の職場」が見つかります。

勿論仕事なので辛い事や大変な事などは多くありますが、今の職場よりも間違いなく良い環境になるでしょう。

3.まずは求人を見てみる

履歴書

転職をしたくても出来ない人の半数は「思うだけで行動出来ない」人です。

その為本当に転職がしたいのであれば求人情報を見てみましょう。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント

など、なんでも構いません。ネットにも求人情報はゴロゴロ転がっているので軽く見てみるのもいいかもしれませんね。

そうして先ほど項目2で作った自分の理想の条件を当てはめて仕事を探してみてください。

思ったより仕事が沢山あるかもしれませんし、条件を絞り過ぎて全く求人がないかもしれません。

そんな時は条件を緩めればいいだけなので簡単です。

そして自分の思った通りの求人があれば迷わず応募か問い合わせしてみましょう。

一度迷ってしまうとそのままズルズルと応募できずに振り出しに戻ってしまいます。

大切なのは「行動する事」です。

終わりに

転職したいけど何がしたいかわからない、転職できない、という人は「行動」をしたら早いと思いますよ。

行動すれば間違いなく方向性は見えてきます。

そして自分の感じるまま、信じるままにその道を進むのがベストだと思います。

また、1人ではどうしても転職出来ないという人は専門のアドバイザー等に相談するという手もあります。
ハローワークで相談してもいいですし、転職サイトのプロに相談してもいいです。

行動さえ起こせば何かしら結果は出ますので恐れずに一歩を踏み出してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です