買い物の「めんどくさい!」をラクにする6つの方法!

普段の生活の中で、買い物という行為はとても面倒だと思う方が多いです。

なぜ面倒と思うのかいえば、理由としては、多々あります。

例えば、献立を考えるのがめんどう、買い物をスーパーまで行くのがめんどうなど、数え上げればキリがありません。

そこで今回は、買い物がなぜめんどうなのかにスポットをあて、分析し買い物がラクになる方法を紹介していきます。

買い物がめんどうで悩んでいる方には必見の内容になっていますので、ぜひ参考にしてください。

そもそも買い物がめんどくさい理由

買い物が面倒な男性

冒頭でも記載しましたが、買い物がめんどくさいといわれます。しかし、めんどうと思う理由としては、大半の方は同じ傾向です。

それでは、どのような理由があるのかを以下にあげてみます。

  • 献立を考える
  • 自宅の材料が何があるのか把握する
  • スーパーなどに買い物に行く

この3つの理由が大半をしめています。それぞれについてどのような理由かを詳しく説明します。

献立を考える

そもそも「何を食べるかを決める」という行為自体が、めんどくさいです。毎日同じメニューや毎週同じメニューだとマンネリ化して、家族から「また〜」なんて声が上がってきます。

そのような意味でも、献立を考えるのは大切なのですが、めんどうなんですよね!

自宅に食材が何があるのか把握する

毎日みている冷蔵庫の中身ですが、中に何が残っているかまでは把握していません。食材をどれくらい使って残っているかを把握するのは難しいのです。

実際に自分の家の冷蔵庫に何がどれくらい食材があるのか把握している方は、ほとんどいないといってもいいのではないでしょうか。

最近だと、冷蔵庫の中身をスマホのアプリで管理できるのですが、それさえもめんどうなのも事実です。

スーパーなどに買い物に行く

そもそも家から出て買い物に行ったり、会社の帰りにスーパーなどに買い物に行くのがめんどうです。

移動をするのに時間もかかるし、手間もかかります。自動車で移動するにしても自転車で移動するにしてもスーパーに寄る行為が余計な手間になるのです。

このような手間もまた買い物に行くのがめんどうとなる理由のひとつとなるのです。

一般的にどれくらいの頻度で買い物が必要なのか

スーパー

皆さんはどれくらいの頻度で買い物に行かれていますか?一般的に買い物に行く頻度としては、1週間に2〜3回が52.5%ともっとも多い統計となっています。

※データ参照:農林水産省
買い物と食事に関する意識・意向調査 

実際に買い物を毎日行かれる方もいますが、毎日となると忙しい中で時間も取れてれストレスにもなり、億劫になるのも事実です。

買い物に行くメリット・デメリット

それでは、買い物に行くのは、メリットなのか?デメリットなのか?それぞれの方向から解説していきます。

買い物のメリット5つ

good

買い物のするメリットとしては、5つあります。

  • 特売品が買える
  • 臨機応変にメニューが変えられる
  • 予定外の欲しい商品を買える
  • 肉や魚などを好きな量で買える
  • 賞味期限が間近な商品を安く買える

5つについて詳しく説明します。

1.特売品が買える

これはスーパーへ買い物に行く人の特権といえるでしょう。スーパーも毎日仕入れています。その時の旬な物などは安く仕入れてきますので、安く特売品として売り出せます。

それにより足を運んで買い物に行く方のみが特売品を買えるのです。スーパーにいってこそ味わえるお得なサービスなのです。

2.臨機応変にメニューが変えられる

献立を考えていたが、仕事が遅くなったから簡単にできるメニューに変えるなどは、買い物に行く方が変えやすいです。

自宅に食材が届くサービスだとまとめて食材を購入するため、その時々に臨機応変にメニューを変えるのが決まった食材となるため困難となるのです。

例えば、実家から野菜を貰ったから予定を変えたメニューにしようなどの対応が可能となりますよね。

3.予定外の欲しい商品を買える

前から欲しかった商品が入荷していてラッキーに買えるなんて特典もあります。ネットだとすぐに売れてしまう商品も地元のスーパーなどでは手に入ることもあるのです。

お酒やチーズなど、そのスーパーのこだわりやバイヤーによっては珍しい商品も並びますのでスーパーに見に行く楽しみにもなります。

4.肉や魚などを好きな量で買える

スーパーにはお肉やお魚の量り売りをしているお店もあります。家族が急に出張になったり、ご飯を食べてくるなど、家族の誰かがいない時でも、量を調整して買い物ができるのはメリットとなります。

5.賞味期限が間近な商品を安く買える

コンビニやスーパーなどの食品ロスは、社会問題となっています。スーパーでも賞味期限が近い商品は値下げして売られています。欲しい商品であればお得に買い物ができますよね。

その日の献立にしようと思っていた商品が値下げされていれば、安く手にはいるので、家庭のお財布にもやさしくお得です。このような理由からスーパーに買い物に行くメリットといえるでしょう。

上記の5つの理由に当てはまったという方も多いのではないでしょうか。このように買い物に対してメリットもあります。

デメリットばかりを考えがちですが、メリットも考えながら買い物をどうするのか考えたいですね。

買い物のデメリット5つ

買い物のデメリットとしても、5つあります。

  • 行く手間がかかる
  • 商品がどこにあるかわからない
  • 目的以外の商品も買ってしまう
  • レジに並ばなければいけない
  • 購入後に家まで運ばなければいけない

それぞれについて説明します。

1.行く手間がかかる

買い物に行くにしても、仕事終わりにスーパーなどに寄る必要があります。電車通勤であれば帰りに一駅前で降りてスーパーに寄ったり、車での通勤であれば、帰りにスーパーまで行ってから、買い物をしなければいけません。

このようにスーパーに行くにしても手間と時間がかかるのです。ただでさえ時間がなくて忙しいのに、買い物に行かなければならないのは、めんどうで手間だといえます。

2.商品がどこにあるかわからない

これは、スーパーに買い物に出かけてから「商品を探す時にどこにあるかわからない問題」です。

経験した事がある方も多いと思いますが、日頃から行き慣れたスーパーであれば問題なく商品を探せます。しかし、時間がなくいつものと違うスーパーなどに行った時によくありがちな問題です。

商品の陳列方法がスーパーによって違うので、買いたい商品が見つからないのです。

店員さんに聞こうとしても人材不足もあってか、忙しそうにしており、なかなか聞くに聞けない状況になっています。

この商品を探す行為自体が、買い物がめんどうとなるデメリットなのです。

3.目的以外の商品も買ってしまう

スーパーなどに行けば特売品や前から気になっていた商品などが目に入ります。そのなるとついつい買ってしまいます。

今晩の料理のメニューではないのに、買ってしまって、結局使わなかった。など目的以外の商品をどうしても買ってしまいます。

こうなると買い物をする楽しさよりも後悔が大きくなり、買い物のデメリットとなるのです。

4.レジに並ばなければいけない

スーパーなどに買い物に行く時間帯は、だいたいの方が一緒になります。そうなると必然的にレジに並ぶ時間も長くなるのです。

キャッシュレスが進んでいるとはいえ、商品をレジに通す必要があり、レジに並ぶのは必ず必要です。レジに並ぶ時間がもったいなく買い物がめんどうとなるのです。

5.購入後に家まで運ばなければいけない

週に1〜2回にしても毎日にしても、買い物に行けば購入した商品を家まで運ばなければ行けません。

車を近くに駐車できればいいですが、遠くに駐車しなければ行けない時は、重たい荷物を自分で運ばなければならないので、めんどうとなります。

買い物の回数が減れば減るほど、荷物は増え運ぶのが大変です。この辺りも買い物のデメリットと呼べるでしょう。

買い物がラクになる方法6選

メリットとデメリットがわかった所で、デメリットとなる買い物の部分をラクにする方法を解説します。

ラクになる方法としては、6つです。

  • 買い物に行く前の段階で献立をきちんと決めない
  • 食材が揃うと考えない
  • 頻度は最低2週間に1回、最高1週に2回
  • 冷凍惣菜、冷凍食品を多用する
  • 出前を注文
  • 食材宅配を使用

それぞれについて詳しく説明していきます。

1.買い物に行く前の段階で献立をきちんと決めない

買い物に行く前にある程度のメニューは考えるべきですが、冷蔵庫の残り物をどうにかして使いきりたいと思い、献立を考えると時間がかかり考えるのがめんどうになります。

献立を決める段階でメニューを考え過ぎて、何をどれくらい買ったがいいのかわからなくなっていくのです。

2.すべての食材が揃うと考えない

スーパーに買い物に出かけても旬な食材であれば揃いやすいですが、その他の食材であれば揃わない場合もあります。

欲しい食材が揃わないと、どうしらたいいかわからなくなり買い物がめんどうになります。

そんな時は、はじめから買いたい食材は全部揃わないと思い、この食材がなければ、”代わりにこれを買えばいいや”くらいで考えておくと買い物がラクになります。

3.買い物に行く頻度は最低2週間に1回、最高1週に2回

スーパーでは、毎日特売品がでてくるので毎日行かないと気がすまないという方は別ですが、週に1〜2回を目安に買い物に行くのがおすすめです。

やはり、買い物の回数が多くなると、それだけ時間も必要になります。時間の節約や無駄遣いを防ぐ為にも買い物の回数をできるだけ減らしていくのが、買い物がラクになるコツです。

どうしても欲しい食材があった場合は、その食材以外は買わないと決めてからスーパーに行くと無駄な買い物をしませんよ。

4.冷凍惣菜、冷凍食品を買う

冷凍惣菜や冷凍食品は手抜きをしたみたいだ”と思っている方もいますが、お皿に盛り付け食卓に並べると立派な食事です。

最近では栄養バランスも考えられた物も多く臨機応変に自分の体調などにあわせて利用するのが、おすすめです。

ちょっとした一品にはもってこいの商品が多く、冷凍できるのもありがたいです。

5.出前を注文

「今日は何も作りたくない」そんな日だってあります。そんな時は、出前で解決するのがおすすめです。

外食だと身支度に時間もかかるしゆっくり出来ない、家で食事はしたいなどの要望に答えたのが出前です。今では、ウーバーイーツなどを筆頭にいろんな種類の食べ物が揃っています。たまには出前で買い物をサボるのもラクにするコツです。

6.食材宅配を使用

一切、スーパーに買い物に行かない方法が食材宅配サービスです。栄養バランスはもちろん、人数分までキチンと用意され、メニューも健康メインからガッツリ食べたいメインなど多種多少に用意されています。

しかも簡単に作れるように工夫されているので、帰宅してから15分〜30分程度で食卓に美味しいご飯を並べれるのはスーパーに買い物に行きたく無い方には必見のサービス。

まとめ:工夫次第で買い物はラクに楽しくなる

毎日、買い物をして食事を作ってを繰り返していると疲れもたまり買い物やご飯を作るのがが嫌になります。

そんな時には、今回紹介した買い物がラクになる方法を活用して、少しでもラクにストレスなく買い物ができるように工夫してみてください。

完璧になんでもしているとその内、体を壊す原因にもなるので、無理をせずに買い物も料理もしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です